債券の購入から満期(償還)まで

債券を購入するためには証券会社などの金融機関に口座を開設する事が必要となってきます。直接購入するのではなくて、金融機関を通して購入するのが一般的です。
このときに注意しておかなければならないのは、金融機関によって扱っているものが異なることです。それぞれの金融機関が企業から引き受けてきますから、それぞれで異なっているのです。ですから、種類をあまり取り扱っていない金融機関もあれば、たくさん扱っている金融機関もあります。良いものを探すためには、金融機関を選ぶ事も必要となってきますし、一つだけではなくて、複数の金融機関に口座を開設して情報を集めておくことも必要となってくるのです。
欲しいものが見つかれば、まず応募をします。応募期間中に応募すれば、一定の期日になると購入できるかどうかが通知されますから、その後に代金を支払って購入することになります。
利付債の場合、購入すれば金融機関の口座に利子が振り込まれるというのが一般的です。割引債は利子が発生しませんから、これはありません。
購入するときには償還期間が決まっています。この償還期間が満期になれば、額面金額を受け取ることができます。投資全体の流れはこのようになっています。

コメントは受け付けていません。