金利変化と金融商品の選択

金融に関する商品というのもはたくさんあるのですが、金等一部商品を除いては金利というものが付いてきます。若し金利がなければどうなるでしょう。

基本的には物価というものは年々上場尾するものですから、現金の価値というものは商品価格に対して下落していくということになります。ですから貯蓄をした場合はその貯蓄額が一定であれば、物価に対して目減りしていきます。逆に借入金に金利が付かなければ、人はどんどん現金を借りて投資等の活動を盛んにします。

従ってこのバランスが崩れると経済に重要な影響をもたらします。その調整をする役目を担っているのが各国の中央銀行です。日本で言えば日本銀行がそれにあたります。金融商品の金利変化というのは、この中央銀行の政策金利によって起こります。

少し前の日本のようにデフレ圧力が掛かったいる経済状態であれば、人々は現金を抱えていればその価値が上がってくるのですから消費活動が鈍ります。従って金利を下げて消費をするように、又、資金を調達しやすいように貸出金利を下げることを目標にします。反対にインフレーションになれば、金利をどんどん上げていかないと現金の価値は目減りし、経済活動が過熱し過ぎてしまいます。今の日本銀行は金利を下げながら物価を上昇させるという難しい舵取りを迫られているようです。

又、多くの人が債等の金融商品を選択すると債権の金利が低下し、株式を選択すると債権の金利が上昇するので、貸出金利も上昇します。

コメントは受け付けていません。